生涯現役という勘違い

サットナーム!

『男はポジティブシンキングか、

勘違いなのか、

生涯現役か。』

42歳になりました。たくさんのメッセージありがとうございます。

この嬉しさをこの場をお借りして、てか、伝えたい感謝が多すぎるので、ブログの方に書かせていただきます

人生の節目に厄年厄年と言いますが、僕の場合、思いっきり厄年イベントが毎年やってきていて、ぶっ飛び厄年が続きます。

前厄の時は、誕生日の後に右脳を取り、本厄に結婚と双子の出産があり、後厄の今年は、これから再び脳みそをごっそり摘出する手術をする予定(月末)になっています。

かといってそれが不幸続きなんですか?というと、そんな事は全くなく、毎年、身体の方は元気ビンビンな状態だしこうやって新しい経験が次々増えて幸せです。

今回の手術に関しては、また後日ヨガサイトのブログに書きますが、脳科学界への貢献の為と自分の脳みそを自分の目で見れる。という事のためです。

術後の事は誰もわからないのが、脳の世界^_^

さて、14日の夜、横浜のフェラーリ屋さんから「彼女と名古屋に行くから出てこいよ!」との連絡をいただいたので、名古屋で最も有名な老舗のお寿司屋さんで待ち合わせしました🍣

気品のある高級店ですが、何度通ってもここの息子は、大したサービスもしてくれません。^_^

横浜の”フェラーリ屋のオジ”さんは、僕と同じく元レーサーで、この20年、親戚のオジさんのような馴れ馴れしい気持ちで付き合いをさせてもらっている方で、久しぶりに連絡をくださった時に、25歳年下の彼女がいて、「来年結婚するよ」とおっしゃっていたので、

あらま、、、( ̄∇ ̄)

かわいそうに、、、、、(//∇//)

還暦を目前に遂にボケ始めたのか。。。(( °ω° ))

女性に対する勘違い、根っからのポジティブシンキングにもほどがあるわ。。。。( ̄▽ ̄)

その時は、電話だったので「よかったですねー^_^」

と言葉を返していましたが、

実は、本気でオジさんのボケを心配していたところ、実際に本当に優しくて可愛い彼女といて驚きのあまり、何か違う安堵感を覚えた時のことを多分ずっと忘れません。

その彼女の誕生日が、4/15の僕と同じという事で、食事の席から自然と暗黙の同志感が生まれ、そこからは、おじさんの粋な計らいで、オジさん行きつけのお店で誕生日パーティーをしていただきました。ヤッホーイ!^_^

そのノリで、オジさんが腕にしていた多分500万ぐらいの腕時計もおねだりしてみましたが、それは叶いませんでした。当たり前

ま、それはよしとして、久しぶりに大はしゃぎしてて、ふと思ったのですが、年齢を重ねていくと自然と体力の衰えから、気持ちにもネガティブなところが増えてくるものです。

でも、オジさんの現役感は半端ないので、それは、若い彼女が、そばにいてくれてる事で、前向きな気持ちでいられているのか。

それともこれが、究極のオトコの勘違いなのか。

どちらにせよ、最近、可愛がってくれたオジィ達が次々と他界していくので、久しぶりに会えたオジさんが元気で生きてて幸せそうだったので、それがなんか自分の誕生日以上に嬉しく思いました。

自分が、今日この日まで生かされているのは、これまでにみんなが自分の目の前にふと現れてくれた連続的出来事のおかげで、時には、心ある人も心無いように感じた人も含め、何にせよ自分の目の前に現れてくれた全ての人々に助けられてきたことを思い出すようにしてから、リングに上がろうと思います。

月末の手術は、本当は怖いと思ってるから、そういうことを思い出して、感謝と愛の心全開で立ち向かおうと思った次第です。

この手術の後、僕は、哲学とか宗教と言われるものを超えると思います。

『生涯現役!ある日ポックリ大往生!それが僕の目指すオジさん姿だなぁ^_^』

浜のMKカップル❤️ありがとう(´∀`)

また遊びましょね。

 

カルマヨーガ

『カルマヨーガ』

ふとあの人に会いたい。と思った時は、特に虫の知らせ。
その時すぐに行動した方がいい。

沖縄に住んでる時、可愛がってくれた沖縄本島最北に住んでるオジさんに書いた手紙が戻って来た。オジさん去年亡くなっていた。

オジさんは、口はかなり悪かったが、モノづくりの天才だった。こういう人は相手の人の本質を見抜くから、人を年齢や肩書きで見ない。

僕が沖縄に引っ越したばかりの時に、今後、どうしたらいいのか、この島で。。。と、どうしようもなく車で北へ北へ走っている時に、六さんの変な家を見つけ他ので勝手に庭の中に入って行った時にこのおじさんが出て来て知り合った。29歳の時だった。

あの時の一宿一飯の恩は一生忘れないなぁ。

六さん!供養は俺に任せて極楽を目指してくれ!

見返りを期待しないで行う行為、それをカルマヨーガと言います。

カルマというと自分の行いが返ってくるとかなどと思われがちですが、ヨガでいうカルマとは、それだけのものではないのですぜぇ。行為の結果を放棄することもカルマヨガ=行為のヨガとされているんです。

迎えに引っ越して来た夫婦のために場所を提供して、ロクさんの手作りした作品今は、沖縄最北の宿 sora no ma INDIGO として現在営業中
ホームページ↓
sora no ma INDIGO

特に女・子供のための治療院スミヨシ接骨院

アローハナム!サッシです。

今日は、ヨガの話ではなく治療院のご紹介。

スミヨシ

私の奥さんの実家は接骨院で、そこは、奥さんがお姉さんと一緒に経営しているのですが、今時ホームページもなく、インターネットにはfacebookページぐらいしかない、最近では、非常に珍しいかなり時代に逆行している接骨院経営を行っています。

そして、恐ろしいのは、お父さんの代からやっているので30年以上歴史のある接骨院のため、先生たちの腕の良さと合間って、いつも患者さんでいっぱいなんです。

お客さんついてるなぁ。。。と元水商売、元宿主としては、そういったところをつい見てしまいます。

サービス業経験しかない僕にとって、大きな違いを感じたところは、お店や宿、マリンサービス業は、来てくれる人のことをお客さんと言いますが、接骨院をはじめ、保険が適用される医療系の業界では、来てくれた人のことを患者さんと言い、帰り際の挨拶は、「ありがとうございました」ではなく、「お大事に、お気をつけてぇ」なんです。

はじめてのことに最初、それを聞いた時は、へぇ。。。お金もらって、お気をつけてかぁ。。。「あんたのところが国税に目つけられないようにお気をつけて」と思いましたが、まぁ確かに治療に来たんだから、そうなんだぁと感じた次第です。

それで、最近奥さんが、経営者のセミナーみたいなのにチョクチョク参加していて、多分その影響でブログを始めたようなので、今日のブログの記事の下記にスミヨシ接骨院のブログをリンクしておきますので、体に痛みのある方、持病をお持ちの方など是非、ブログを拝見後、ご相談されてみるのもいいと思います。

*ここがポイント*

治療家の先生方は、全員女性の先生なので(みんなまぁまぁ美人)女性、スポーツ少年&少女も安心して治療を受けることができると思います。

タイトルに書いた特に女・子どものための接骨院と書きましたが、男性の方も多く見えておりますので、「みんなのための接骨院」だと思ってください。

そして、何より超高濃度67万ppmの水素吸引ができるので、それはすごいことのようです。

名古屋市内の医療施設で1回15分¥5000ほどする水素原子を尾張旭市という田舎的なところを活かして60分✖️4回を¥7,000(ハワイの海洋深層水付き)でお試しができるようです。             僕は、脳に障害があるのと家も近く、赤ちゃんのお世話も兼ねて、積極的に吸いにくるよう促されるため、時間のあるときは、吸わせていただくのですが、その結果としては、発毛育毛の効果を実感しています。

これは、中年男性には大きい効果だと思います。ハゲより生えていた方がかっこいいしね。

他にもアトピーとか寝れない、体に痛みがある。などに効果絶大のようです。

スミヨシ接骨院から自宅まで歩いて1分なので、ヨガに興味のある方は、3分で僕も駆けつけることができるので、ヨガ治療も可能です。ヨガマットなくても、呼吸ができればヨガセラー可能ですので大丈夫。ヨガセラピー初回は、このブログ読者様は無料でOK

スミヨシ接骨院のブログ↓

スミヨシ接骨院のブログ

自分を知らない人のための実践編3

アローハナム!サッシです。

実践編シリーズ最後の自分を知らない人のための実践編3いきたいと思います。

実践編3は、ヨガを愛することでしたね。

ヨガを愛する??なんじゃそれ?

ヨガは、自分と向き合う作業です。

要するにヨガを愛するとは自分を愛するということ。

24時間、365日、そんなにハッピーラブラブしてられねぇよ。

仕事もあるし家庭もあるし、、、、わかる。

ただねぇ。ただねぇ。1、2でお伝えしたヨガの練習している時、その時ぐらいは自分を愛しましょ。自分のためだけに行いましょ。集中しましょうということ。

集中には、アシュタンガヨガの8支則の6段階目に登場する実践の一つなんです。

ヨガには、いろんな流派があって、僕が教えてるヨギバジャン先生のクンダリーニヨガ やまた、シヴァナンダ先生のシヴァナンダヨガなどは、練習に音のヨガも含まれているので、マントラ、キールタンというものを聞いたことがあるかもしれない。

有名なのが、オームシャンティだよね。これには、3回繰り返す時の言葉の意味とされているものがあって、1回目のオームシャンティは、自分の幸せのためのマントラ。

2回目のオームシャンティーは、家族や友達の幸せのためのオームシャンティー

3回目は、すべての世界に生きている生きとし生けるものの幸せのためのオームシャンティー!という意味が含まれています。シャンティーって言葉綺麗だよね。

で、マントラはサンスクリットのわからない僕たち日本人には、意味よりも音のバイブレーション、周波数というものを重要視しているので、マットの上でヨガしてる時以外にもいつ口に出して言っていいんです。

僕は、2016年エベレストに行った日本人の一人です。(もちろん登頂は失敗していますが。。。氷に滑って滑落しておでこを打ち付けてしまいました。暖かい時期でも雪積もってないとしても、ニット帽だけでなく、岩は滑るのでヘルメットは必須です。)あそこに行って思ったのは、あそこを目指して何年も取り組んでる人は、結構いるし、山小屋などエベレストロードの途中で出会うので話したりするのですが、彼らには彼らなりの尊敬すべき生き方があって、そして、大半は、皆さんどこか人間的にぶっ壊れている。そこがいい!

そして、何故かオネェ系おじさんが多い。

僕もこのブログでは、書いたことはないけれど、特別1級障害者の一人。僕の場合、脳がぶっこわれているんです。ほぼ先天性なので、定期的に頭蓋骨を開いて、手術によって脳を取り出しているんです。

次は、来月。。。。痛いから怖い。涙

特にあるオネェ系おじさんは、途中3回ぐらい山小屋で一緒になったけれど、彼は、とにかく、高山病には、オニオンスープがいい!とクドクド勧めていた。

てか、5000〜6000mを超えてくると風以外の音もなく、生物がいないので野菜もない。オニオンなど持ち合わせていないから、飲め飲めと言われても無いから。。。と言ったら。

おじさんが作ってくれた、という話。苗字も聞いたことないような変わった名字の人だったからそのことは、今でもよーく覚えている。「記念に一枚写真!」と言っても寒すぎて、電池は、3秒で電池0になるから一枚も撮ってない。

僕は、ネパール人の友達のオーガナイズでぶっつけ本番系エベレスト登山だったから、持ってたi phone6では、もちろん6000mの景色など何枚も撮れない。

上の写真は、エベレストベースキャンプで調査していたドイツ隊の人が撮ってくれた一枚で、後でメールで送ってもらった貴重な写真。ただ、ここにもチベット仏教の5色の旗が立てられてることがすごいな。という感想。

そして、途中でいろんな人のお墓があったんだけど、その亡くなった仲間を忍んで、またそこを訪れてここらに石を積み上げてお墓を作ったその思いがすげぇ!愛に感動しました。

その日以来、僕は、お肉を一切口にしていません。お肉のことはどっちでもいい話ですな。

また、話逸れてしまいましたが、シャンティーというマントラの言葉ですが、山登りの練習にガイドさんが、よくシャンティを口ずさんでいたんだ。

日本だと、山登りする時「うんとこしょ、どっこいしょ’」って言いますね。

仏教の六根清浄から来ているとのことですが、インド、ネパールでは、特にインド。

特に急な岩を登って行く時、滑らないようにガイドさんが「シャンティーシャンティー、スローリースローリー」って言いながら、登って行く案内をしてくれたのを覚えています。

はい。いつも通り安定的に話が逸れましたが、自分を愛することは、その瞬間だけでもヨガに集中することで達成される。ということです。

そこに至るには、自分を知るための実践1、2を大切にしてください。

1&2を読みたい方は以下へ↓
自分を知らない人のための実践編1

自分を知らない人のための実践編2

最後までお読みくださいましてありがとうございました。イェーイ!

では、サットナーム!

自分を知らない人のための実践2

アローハナム!

前回、アローハナムについて書かなかったので、今日少し書きます。

アローハは、僕の、てかみんな大好きなハワイの言葉ですね。

ナムは、仏教にもよく出てくるようなインドの言葉¥ですね。

この二つが融合すると。。。。。インドハワイUnite!

ユナイトは、ヨガという言葉の語源であるユージールヨーガという言葉からきているそうです。

ユナイト=直訳すると融合。ヨガは繋げるとか結ぶという直訳があるので、なるほどねぇという言葉ですが。あ!また全然関係ない話に行きましたが、

サンスクリットで上昇するという意味らしいです。クンダリーニヨガ や、チャクラ瞑想などでこの言葉が僕の口から出てくると思いますので、それは、実際の練習会にて。聞いて自分のものにしてください。

はい。今日の本題、ヨガの授業行きます。

自分を知らない人のための実践2

自分を知るための実践の2つ目ですが、これは『自主練のこと

前回ラジャス(活動性)、タマス(怠惰な性質)|についてわずかに触れましたが、ヨガは、自主練あってのヨガです。それがあって自分につながるのです。

僕は、かなり癖の強いヨガ講師を目指しているので、自主練しないやつは、苦悩を味わい尽くします。と!

偉そうに断言します。(読者さんに嫌われてしまうかなぁ。。。)

毎週1、2回だけヨガクラスに参加してそれで俺は、ヨガしてるぜ!というのは、間違いで、現代の巷の多くは、ハタヨガをベースとしたリラックスストレッチ教室ばかりです。昔は、結構すごかったらしいですよ。いきなり逆立ちのアーサナの練習から始まったり。。。。

それは、初めから難しい高度なアーサナの練習などやっても、みんな出来ないから、私は出来ないからと諦めてしまうから、先生方も気を使って、よーく頭を使ってみんながヨーガというものを理解できるようあのようなレッスンにしているのですが、ヨガは、マットの上だけで行うスポーツではありません=「これは、ハッキリ言っておきます。」

前回のウジャイ呼吸の練習や、自宅で風呂上がりに座って前屈するポーズ、など簡単にできると思います。それによってヨガの能力(意識を拡大させた現実の見方、目線の向け方)が向上するので自然とハッピーになるわけです。

だからね。いつも意識して自主練が必要なの。難しい事やれとは言ってないよ。

今、パーソナルで教えている30代後半の飲食店経営者の方もお店が始まる前に太陽礼拝、パシュツモッターサナを練習されているそうです。

それが本当かどうかというのは、みればわかるのことなのでこちらとしても嬉しいです。それがその人の人生に少しづついい影響を見せてくれるとなお嬉しい。

ということで、ヨガのクラスに参加して覚えたことは家でできる限り実践、または練習しましょうね。それを自主練と言います。

何故か、何故だか、人生が円滑に動き出して、経営者であれば、儲かりますよ。⬅️¥これは目に見えないヨガの奥義。いいことしかない。

という感じで、最後までお読みくださいましてありがとうございました。

明日(4・2)は、瀬戸市さとの家にて10;00〜 1時間半の練習を行います。

よろしく!サットナーム!

自分を知らない人のための実践編1

アローハナム!

こんにちわ。サッシです。

アローハナム!久しぶりにこの言葉で挨拶を始めました。

前回ブログの自己紹介見てくれましたか?

以前、以前といっても、、、10年近く前の話ですが、沖縄で民宿をやっていた時から、4年ぐらい前まで沖縄のこと、ダイヤモンドのことなどブログを書いていました。

ヨガは、12年前から練習しているのですが、宿のこと、宝石のことなどなど好きなことをブログに書いて自主勉してきたわけです。ヨガも1番は、先生につくこと。2番目は自主練すること。3番目は、ヨガを愛すること。

この3つを諦めないで、続けることが大事だと僕は思います。

1、先生につくこと、直接教わること

この大切さは、みんな人間なので、心というものがありますね。だから、、、、いつか気持ちが萎える日がきます。なんだかなぁ。。今日は練習いいや。って。

お尻を叩いてくれるのも先生だし。それが先生の役目&義務。「他人の義務で成功するのはたやすい。しかし、不完全であっても自己の義務を行なってから死ね。」というのがヨガの聖典の基本です。この聖典(ヴァガバットギーター)には、「アーサナ」のことについては、深くというより殆ど言及されておりませんが、何が言いたいかというと、

先生には教えるという先生の義務、生徒には教わるという生徒の義務があります。

例えば、このバガヴァッドギータ〜に出てくる先生役のクリシュナ神は、ヨガをこの世に下ろすために人間の姿に自分を変えて、アルジュナという王族の王子にヨガを教える話です。アルジュナは、王族なので、いわゆる戦士=戦う、戦争をするというカースト=義務が課せられているので須賀、ある日、親戚や家族相手に戦争をすることになってしまい、「俺、戦争なんかしたくねぇや。ましてや家族だし。。。」というところからクリシュナ神がその義務を教えながら、「そして、汝もヨギとなれ」と次々とヨガを教えるという物語形式で語られたヨガの教えです。これについて語ると半年ぐらいかかるので、今日は、自分の義務を行うこともヨガですよ。というぐらいにしておきます。

生徒はいずれ、ヨガと出会ったら、いずれ誰かにヨガを教えるという義務も発生します。これは決して強制では全くなく、ヨガに出会う人は、プラクリティといって宇宙原理が、その人自身に働いているということを教わるので、しょうがないのです。

生徒さんが、誰かにヨガを教えるということは、最初、『私なんか教えるに値しない』などと思うこともあるかもしれないでしょうが、違う!

全くそれ違う!

僕には、子供が3人いますが、最近生まれたばかりの(双子)子供にもすでにヨガを毎日教えています。誰でもできるので、試して見てください。

因みに今年小学生になるお姉ちゃんは、1年生になったら瞑想をするよう僕の実家に遊びに来たときに教えようと試みましたが、「私にはバレエがあるから、いらない。。」と瞑想に興味を示しませんでした。。。(当たり前かな)

僕は、赤ちゃんを抱っこするときには、ヨガの大切な呼吸の仕方、ウジャイ呼吸(意味=勝利の呼吸&癒しの呼吸のこと)をしながら抱っこしています。

勝利&癒しの呼吸???なんじゃそれ?ですよね。

*ウジャイ呼吸は、ヨガを練習するにあたって、これ以上、いや、ウジャイに勝る呼吸法はないとまで言及されています。

ウジャイについては、練習会にて教えていますのでそちらで。出来れば実際に参加ください。(やさしく教えます)

(このブログは、ある程度修行の進んだヨガの実践者様や練習に参加してくださっている生徒様に向けて書いておりますので、分かりにくいサンスクリット語が出てくることもありますので、わからないことで興味のあることは、実際に直接私に聞いてください。)

抱っこ中に何故?ウジャイ呼吸をしているか?

というと呼吸を通して、それだけで抱っこしている赤ちゃんにもその呼吸のバイブレーションを伝わるように送っているのです。

喉を鳴らして、ンシュー。。。と。二人ともそれで結構落ち着いて、自分から積極的にその後、ママのおっぱいにかぶりつきに行きます。そして、寝るという流れ。

ウジャイは、マットの上だけでなく、日常生活中のあらゆる場面で練習が可能ですので、是非いつでもウジャイ呼吸をすることを一日中覚えていられるようにしましょう。幸せになりますよ。

話が随分逸れましたが、先生に着いて教わるということの続き。

チョイ濃い話になりますので、興味ある方は読み進めください。

正しい行い方を学ぶこと

これは、逆にやり過ぎという過度の練習しすぎを防ぐために先生に確認してもらため。

呼吸やアーサナのやり過ぎは、怪我、障害につながります。

僕はこれについては、無名のヨガ講師ですが、実体験があるので、よーく理解しています。

そして、怪我した時のためにヨガ保険に入るよう勧誘を受けます。健康のために始めたヨガなのに、怪我して余計なお金を使うというのは、あなたの義務ではありません。

保険が入ってくるということは、この業界もお金が動いているというある意味、ビジネスチャンス業界でもあるということですね。ということなど。

ま、それはいいや。

やりすぎ傾向のある人。インド哲学では、「ラジャス」という傾向に傾きやすい人の事で「ラジャス」は活動性・激質ということを意味します。

そうなると知らないうちに辛い、ヒリヒリした食べ物などを自然に欲する、好むようになる可能性がありますので、バランスよく自分を調整し整えるためには、気をつけたいところです。

逆に怠け心だったり、怠惰を表す要素は「タマス」と言います。もう一つ「サットヴァ」という神聖要素があって、ラジャスとタマスの中間に当たるこの3つがあります。それが、宇宙原理=プラくりティと合間って今の自分が形成されているのです。

だから、とんでも無いことを言ってしまうと、自分で自分を作っているのではないのです。お金持ちは、お金持ちは、お金を稼がされているのです。ヨガに出会うあなたは、ヨガに引き寄せられているのです。っつーこと。

ヨガ教室に通う人の多くは、ラジャス性の高い人か、タマス性の高い人が多いですが、一連の練習、または、一連のコースを終える頃には、サットヴァ性を持ち合わせた人に変化して行きます。そして、自分の気分が良くなり自分をもっといい気分で過ごすことで周り鵜を幸せにするということを理解していきますので、もっとヨガの練習を深めていくことになるでしょう。

はい。ということで、今日は、昨日の続き、自分を知らない人のための実践編1としてお話ししました。続きはもちろん!

自分を知らない人のための実践編2、としてブログ更新したいと思います。

ありがとうございました。